インターネットバンキングのデメリット

インターネットバンキングには多くのメリットがある

インターネットバンキングには数多くのメリットがあります。まず、一番のメリットは振り込み手数料の安さです。たとえば、銀行のATMから、同じ銀行の別の支店に振り込みをする場合、手数料がかかるところが多いです。しかし、インターネットバンキングであれば別支店でも無料で振り込みができるようになっているのが一般的です。ネット銀行の場合は別の銀行に振り込み場合でも、一定回数、手数料がかからないところがあります。また、振り込みに際し、わざわざATMに行くこともなく、すべて自宅のパソコンやあるいは外出先のスマートフォンから完結できるというのも大きなメリットです。
では、インターネットバンキングを利用する場合、デメリットは存在するのでしょうか。これはあまり数は多くありませんが、存在はしています。

セキュリティを意識しないと安心して使えないのがデメリット

一番大きいのは、セキュリティの問題です。ATMからの振り込みの場合、現金を持っているか、もしくは口座にあるお金を振り込めるようにキャッシュカードを持っていなければなりません。しかし、インターネットバンキングを使っての振り込みの場合、口座名義を持っている本人ではなくても、その人のパソコンを操作できる人なら、勝手にログインしてお金を自分の口座に振り込んでしまうといったことも可能なのです。
では、そういったことを防ぐためにはどうすればいいのかというと、インターネットバンキングにアクセスするためのIDとパスワードを、紙に書いて部屋に置いたり、あるいはパソコンにテキストファイルとして保存するということはやめましょう。第三者にIDとパスワードを知られることがなければ安全性は高くなります。

インターネットの通販サイトではクレジットカードで決済可能な所が増えてきています。支払いが楽になるので便利です。