簡単!インターネットバンキングを使ってみよう

インターネットバンキングのセキュリティは確実に向上している

インターネットは活用しているものの、オンラインショップでクレジットカード払いを選択したり、あるいはインターネットバンキングを使って振り込みを行うことに躊躇しているという人は少なくないでしょう。こういう人が、ネット上でお金のやりとりをしたくないと考える理由の一つにセキュリティの問題があります。たとえば、カード番号をショップに教えて悪用されてしまったり、あるいはインターネットバンキングのアカウントを作ると、コンピューターウイルスに感染してパソコンを乗っ取られたときに、口座に勝手にアクセスされてお金を知らない人の口座に移されてしまうのではないかといったことを考えるわけです。
では、実際にどうかというと、確かにそういう被害は報告されていますが、インターネットバンキングであれば銀行が用意するセキュリティカードやパスワード生成機を利用することで被害を防ぐことができます。

ネットバンキングに申し込む際はパスワード生成機も一緒に

では、セキュリティに配慮しながらインターネットバンキングを使い始めるにはどうすればいいのでしょうか。この場合、まず既に契約している銀行に対してネットバンキングの利用申込みを行うか、あるいは新規に銀行口座を開設して、ネットバンキングを同時に申し込むという方法があります。
申込みを行う際、パスワード生成機を一緒に申し込めるのであれば、そうしましょう。パスワード生成機とは一分ごとに違う番号が表示され、振り込みをするときなど、そのタイミングで表示された番号を入力することでセキュリティを確保できる機械です。
インターネットバンキングが使えるようになると、銀行からIDとパスワードが送られてきます。できれば、初期パスワードを別のパスワードに変更しておいたほうがいいでしょう。

コンビニの決済代行とはバーコードを利用して支払いできるサービスです。現在はどんな地域にもコンビニが存在しているので、手軽に決済が出来て利便性が高いです。