インターネットバンキングで必要なもの

パソコンと身分証明書は必須です

インターネットバンキングを始めようとした時に、既存の口座へインターネットバンキング機能を付ければ良いと考えている人が多いでしょう。しかし、インターネットバンキングに使用する口座は、専用設計された口座には利便性も安全性も敵いません。インターネットバンキングに力を入れている銀行をたまたま利用していた場合を除いて専用に作成すると良いでしょう。
インターネットバンキングを利用する際には、パソコンと固定インターネット回線、身分証明書があれば問題ありません。新規に口座開設する場合であっても、印鑑の登録は不要となっているケースが多いです。通帳不要タイプを選ぶことで時間外手数料優遇制度を設けている銀行もあるので、日常的に利用するATMと合わせて確認しておく必要があります。

プロバイダーのメールアドレスはセキュリティー強化に必要

インターネットバンキングでは、セキュリティー強化のためにワンタイムパスワードと呼ばれる取引の都度60分など時間限定で有効となる専用パスワードが自動的に発行されます。従来のカード型の暗証番号カードでは、カード番号を知られた段階でセキュリティーが破綻するからです。
ワンタイムパスワードを送付するメールアドレスには、プロバイダーのメールアドレスを指定すると良いでしょう。なぜなら、プロバイダーのメールアドレスはインターネット回線が変わっても僅かな月額料金で使い続けられるプロバイダーを選べば、一生使えるからです。携帯電話のメールアドレスでは残念ながら迷惑メール対策や携帯キャリア乗り換えによりアドレス維持が不可能となるために、ワンタイムパスワードの受け取りに支障が出ることがあるからです。